墓じまいを選択する人が急増中

最近、墓じまいを選択人が増えています。



墓じまいとは、墓石を撤去して処分することで、遠方のためにお墓参りができなくなった場合や、後継者がいないため先祖代々続くお墓を守ることができなくなった時などに選ばれる方法です。



墓じまいを行う場合には、遺骨の行き先をどうするかを先に決めておくことが大事です。後継者がいないため墓じまいを行うような場合には、管理費や維持費がかからない方法を選ぶ必要があります。
そういった場合、散骨や樹木葬などが有効な方法です。


遺骨の行き先としてもっとも選ばれているのは、公営墓地への改葬合祀で、次に散骨となっています。

ただ、気を付けないといけないことは、親戚同士で事前にしっかりと話し合っておかないと、後々トラブルとなる場合がありますから、しっかりと理解を得ておくことが大切です。また、お寺や霊園などの現在の墓地管理者にも、事前に墓じまいすることを伝えておくことも重要です。最近では離檀料を巡ったトラブルも急増していますし、高額な離檀料を請求されるようなケースもありますから、慎重にはなしあっておくことが大切です。


お寺や霊園との交渉がすんだ場合には、墓地を管轄する市区町村で改葬許可申請の手続きを行い、お墓を撤去する専門の業者を手配します。


お墓は更地で返却することになりますから、専門の業者に依頼しましょう。


もし遺骨を自宅で供養する場合には、菌類が付着している可能性がありますから、真空パックをするなど注意が必要です。