埼玉で墓じまいをするとなると

近年、墓じまいをするという方たちが増えています。


墓じまいとは、言葉通りに、お墓を処分することに他なりません。
言葉だけを捉えると大変ショックな印象を受けますが、これも時代の流れとも言えましょう。

墓じまいの大きな理由のひとつが、少子化にあると言われます。

先祖代々の墓を、自分のあとに供養し守り続ける者がいないという現実が影響しているのです。それならば、この現状を嘆くよりも受け入れていくことの方が大切です。


より良い形で、ご先祖様とお別れがしたいものです。お別れといっても、ご先祖様との関係を断つわけではありません。

例えば永代供養は、お墓を持たなくてもよい慰霊の手段です。



個々のお墓はなくとも、寺に遺灰は収められて、ご遺族様はお参りすることが出来ます。

そこに、墓のあるなしによる違いは何もありません。



先祖を敬い、亡き家族を思うことこそが、残された方たちにとって大切なことなのですから。埼玉県は、特に東京都のベッドタウンとして栄えてきたという、近年の事情があります。



東京が世界の名だたる都市へと変貌していくに連れて、埼玉の存在意義も大きくなりました。

今や総人口は700万人を超え、国内第5位の巨大な人口を抱える県となりました。人が増えれば、ここで亡くなる方も増えるということになります。


埼玉で、その生涯を終える方が多くいるということです。


見送る立場の者が、取らなければならない責任があります。

そのひとつが、墓じまいなのかもしれません。