注目度が高まる千葉の墓じまい

全国的に関心が寄せられつつある墓じまいは、千葉でも急速に注目度を高めています。

高齢になり遠方への墓参が困難になったり、墓所の管理を子孫の代まで負担させたくないなど理由はさまざまですが、葬儀の簡略化や自然葬の考え方が浸透すると共に、実行を考える人が増えつつあります。
実際に墓じまいを行うには、墓石を撤去して更地にした上で墓地区画を寺院や霊園施設などに返却しますが、実行するためには各種の届け出や手続きが必要となります。

ご先祖様の遺骨を取り出すためには、墓所がある自治体から改葬許可証を受けなくてはなりません。
その申請を行うためには、あらかじめ改葬先を決めておいて、その施設管理者から受入証明書を発行してもらい、墓じまい予定の墓所の管理者からは埋葬証明書の発行を受けます。
その2通を添えて必要事項を記入した改葬許可申請書を自治体窓口に提出して、後日許可証を受け取ります。



書類上の手続きが煩瑣なうえ、墓石の撤去も専門の石材店に依頼する必要がありますので、墓所の管理者とは円満に交渉を進めることが重要となります。
スムーズに墓じまいを行うため、交渉や手続きなどの代行を請け負う専門の業者が千葉でも増えて来ています。



墓所が寺院にある場合、高額の離檀料を請求されるケースもありますので、実行を考える際には慎重な準備が肝心です。



お墓が無くなることで家族や親戚からクレームが来ることも考えられますので、事前によく話し合い、費用面でも揉めないよう、誰が負担するのかはっきりさせておく必要があります。

千葉では、樹木葬や海洋葬などの自然葬や永代供養墓など選択肢が増えていますので、家族親戚一同よく話し合って、皆が納得できる改葬先を選ぶことが大事です。